共通のパスワード生成器という試み

  • author: カノック
  • 2011/01/31 17:45

ネットで使うパスワード生成器を統一  シンガポール
【シンガポール】シンガポール通信発展局(IDA)はこのほど、インターネットを使った電子政府サービスやインターネットバンキングなどを利用する際、共通で利用できるパスワード生成器を国民に配布することを決めた。聯合早報(電子版)が伝えた。
(newsclip.be より引用)


 ネットバンクでも利用が広がりつつあるパスワード生成器(トークン)ですが、なんとこれを国民に配布することを、シンガポール通信発展局が決定しました。
 通常、トークンは各ネットバンクごとに個別のものなのですが、今回のシンガポールの場合には、ネット利用の政府サービスやネットバンクを利用する際には、すべて、配布されたトークン1つのみで対応可能だということで、これはある意味、画期的なことなのではないかな、と思います。

 これがうまく行けば、ネット利用の際の利便性が大幅にアップすることは、間違いありません。非常に興味深いケースになりえるのではないかと、個人的には思っています。

インターネットバンキングの利用度ランキングが発表

  • author: カノック
  • 2011/01/27 14:46

インターネットバンキングの王者は「楽天銀行」
 インターネットバンキングが急速に普及し、今では8割近い人が利用している。利用者にとっては、我が家が銀行にもなるありがたい存在。アンケート調査では、「楽天銀行」の利用度が圧倒的に高いことがわかった。
(YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) より引用)


 インターネット調査「My Voice」が、インターネットバンキングについてのアンケート調査を行ないました。
 <現在利用しているインターネットバンキング>の順位は、以下のようになっています。


1)楽天銀行(67.5%)
2)ゆうちょ銀行(26.2%)
3)三菱東京UFJ銀行(21.5%)
4)住信SBIネット銀行(19.7%)
5)ジャパンネット銀行(19.5%)
6)三井住友銀行(16.7%)
7)新生銀行(15.8%)
8)みずほ銀行(13.4%)
9)ソニー銀行(6.8%)
10)りそな銀行(6.2%)
(同上より)


 取引額や利用状況にもよりますから一概にはいえませんが、楽天銀行の突出ぶりが目立ちます。楽天グループとの連携によって、多方面の人が利用している、ということなのでしょうか。

 なお、銀行選びの際に重視するポイントは、<安い利用料>と<24時間対応>とのことで、まさにネットバンクの特色が、ユーザーのニーズと重なっていることが見て取れます。

ネットバンクや地方銀行も、オンライン詐欺の対象に

  • author: カノック
  • 2011/01/23 07:05

地方銀行含む国内136行を狙ったフィッシング? 年末にまとめサイト見つかる
 EMCジャパン株式会社のRSA事業本部は21日、オンライン詐欺に関する記者説明会を開催し、日本国内の複数の金融機関をかたるメールや、それに関連すると思われる不正サイトの存在がこの年末年始に確認されていたことを明らかにした。
(INTERNET Watch より引用)


 オンライン詐欺の主なターゲットといえば、以前はクレジットカード会社や大手銀行が主だったものですが、最近ではその傾向も変わりつつあるようです。

 元記事にもあるように、ネットバンクや地方銀行など、非常に多くの金融機関が対象とされているとのこと。
 また、フィッシング詐欺の手法自体も、より巧妙化し、直接的ではなくなっているだけに注意が必要とのことです。

 ネットバンキングの普及にしたがって、こういったことは増えてくることが予想されますので、金融機関側、顧客側ともに、よりしっかりした備えが必要となるのではないかと思います。

モバゲータウンが銀行ネット決済を導入

  • author: カノック
  • 2011/01/23 06:52

 TVでもCMを流しているモバゲータウンとYahoo!モバゲーが、銀行ネット決済を導入しました。


「モバゲータウン」、「Yahoo!モバゲー」にて銀行ネット決済でモバコイン購入可能に
 株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南場智子、以下DeNA)は、DeNAが株式会社三菱東京UFJ銀行、農林中央金庫と共同出資により設立した株式会社ペイジェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:空久保和史、以下ペイジェント)と連携し、携帯向け「モバゲータウン」(URL:http://mbga.jp)およびPC向け「Yahoo!モバゲー」(URL:http://yahoo-mbga.jp/)にて、2011年1月20日(木)より新たな決済手段として銀行ネット決済を導入いたします。
([DeNA]公式サイト、プレスリリースより)


 これにより、有料コンテンツ利用のためのモバコインを、銀行ネット決済で購入することが可能となりました。オンラインでの購入が可能となるため、利便性の向上が期待できます。

 インターネットバンキングの使い道のひとつとして、もともとネットで行なわれていることに利用する、というのがありますが、これなどはその好例です。これからのネットバンキングのあり方として、このように<上手に使われていく>ということも大切なのではないかと思います。

みずほ銀行が、スマートフォン向けバンキングを開始

  • author: カノック
  • 2011/01/19 21:04

みずほ銀行、Android端末に対応した『スマートフォン向けバンキング』開始
みずほ銀行は17日、2010年11月に開始した「iPhone向けバンキング」に続き、Android OS搭載端末に対応した『スマートフォン向けバンキング』のサービスを、16日から開始したと発表した。
(マイコミジャーナル より引用)


 みずほ銀行が、「iPhone向けバンキング」に続いて、「スマートフォン向けバンキング」も開始しました。
 先行の「iPhone向けバンキング」は、記事によると開始2ヶ月で利用者は約5万人だそうで、今回の「スマートフォン向けバンキング」にも期待が持てます。

 しかし思うのですが、IT機器の進歩にきちんとついていくのはもちろん大切なことですが、あまり頻繁に新しい情報端末が出るようだと、結局は多くの系統に対応せざるを得ず、しかもそれぞれのユーザーはそう多くないという、まずい事態に陥りそうな気もします。

 かといって、機種やそのバージョンによって、モバイルバンキングの細かい使い勝手や、出来ること・出来ないことが分かれるようですと、今度はユーザーの側が不満を抱いてしまう。

 パソコン用のブラウザへの対応状況の二の舞にならねばよいが、なんて、勝手に危惧してみたりするのです。