ネットバンク口座とFX口座の補完関係

  • author: カノック
  • 2011/05/28 23:28

預けたお金に効率的に働いてもらおう
FX口座は金利ゼロ
 先週と同じく金利の話を。いかに低金利時代とはいえ、お金には少しでも効率的に働いてもらいたいもの。ところが、FX口座に入れたお金は通常、金利がゼロ。預けているだけでは、お金は全く増えない。
(YOMIURI ONLINE より引用)


 YOMIURI ONLINE の<FX特別便>で、ネットバンクと証券の連携サービスについて、触れられていました。
 主な内容としては、<通常時はネットバンク口座で寝かせて金利を得、チャンスにはFX口座に資金移動して投資を>、というものです。
 また、<インターネット上だけで資金移動が完結すること>、<資金移動自体がスピーディーであること>、<ネットバンクは優遇金利やキャンペーン金利も魅力であること>にも触れられており、<両者の連携を利用することで、効率的かつ臨機応変な対応が可能である>というのが結論となっています。

 非常に順当な内容に思えますし、ネットバンクの利点が、このような形で広く知られることは、ネットバンク側にも顧客の側にも大きなメリットがあるのではと思う次第です。

みずほFG傘下の3行が、1バンクに移行へ

  • author: カノック
  • 2011/05/24 03:56

UPDATE3: みずほFG、傘下銀行の統合で1バンクに移行へ=2―3年後の実現視野
[東京 23日 ロイター] みずほフィナンシャルグループ(FG)(8411.T: 株価, ニュース, レポート)は23日、傘下のみずほ銀行とみずほコーポレート銀行、みずほ信託銀行を統合させ、現在の3バンク体制から1バンク体制へ移行することを検討すると発表した。
(ロイター より引用)


 先の大規模システム障害を受けて、みずほFGが、傘下の3行を1行に移行させる検討を始めると発表しました。

 ネットバンキングにも影響が及んだ先の大規模システム障害ですが、実情が判明すればするほど、人災的な面が大きかったことがあらわになってきており、また、その背景には組織の機能不全があったとの見方も強まっています。

 個人的に、これは小さな手直しでは抜本的な改善は難しいのかな、と思っていましたが、もしも、この発表のように、実際に大きな手直しが行なわれるのであれば、見通しはまた、変わってきます。

 次期システムの構築まで含めますと、かなり遠大な計画になりそうですが、コストに関しては既に一部織り込み済みとのことで、実現の可能性は高そうです。

 私個人の考えとしては、とにかくシステムが安定して運用されないことには始まらないという考えですので、今回の発表を機に、いい方向へと変わっていってほしいものだと思っています。

システムを安く上げる、大和ネクスト銀行の試み

  • author: カノック
  • 2011/05/21 05:27

 ついに開業した大和ネクスト銀行ですが、システムを安く上げるべく、さまざまな試みがなされているようです。


大和ネクスト銀行が開業、国内で初めて勘定系にLinuxを採用
 大和証券グループのインターネット専業銀行である大和ネクスト銀行が2011年5月13日に開業した。同行は国内で初めて勘定系システムにオープンソースソフト(OSS)のLinuxを採用した銀行だ。5月17日現在、システムは順調に稼働している。
(ITpro より引用)


 同記事によれば、Linuxやx68サーバーの採用、提供業務の絞込みなどによって、通常100億~200億円かかるところを、同記事推定で80億円程度に抑えた模様だとか。

 同行に関しては、提供業務の少なさや、アクセスをパソコンに限定していることなどが気になっていたのですが、全てが統一された目的のためデザインされた結果であるならば、話は別です。なかなか興味深い試みということができるでしょう。

 また、同記事の末尾にもありますが、今回のLinux採用が吉と出た場合、国内の他行もLinuxの採用を検討する可能性があるため、ますます注目の存在といえそうです。

大和ネクスト銀行へのアクセスは、パソコンのみ

  • author: カノック
  • 2011/05/16 03:14

 ついにスタートした大和ネクスト銀行ですが、公式サイトの<よくある質問>を見ていて、気になったことが。


モバイルバンキングは利用できますか
携帯電話からインターネットを経由してお取引いただくモバイルバンキングサービスは行っておりません。また、スマートフォンやフルブラウザ携帯での動作保障は行っておりません。パソコンをご利用いただきますようお願いいたします。
(大和ネクスト銀行公式サイト よくある質問 より)


 なんと、スマートフォンやフルブラウザ携帯はおろか、一般の携帯電話での取引も行なっていないというのです。
 アクセスが可能なのは、パソコンのみ、ということで。
 世は今や、スマートフォンへと移行しようかというこの時期に、なかなか思い切った仕様だと思うのは、私だけでしょうか。

 ただ、どうも大和ネクスト銀行は、インターネットに不慣れな方を主に念頭に置いているように感じられるふしがあります。
 全国の大和証券の店舗からネット預金の取引が可能となっているのも、その表れでしょう。

 意図しているかどうかは定かではありませんが、なかなかユニークな立ち位置のネットバンクになりそうな感じがします。

ネットバンクのパスワードを盗む『偽セキュリティソフト』とは?

  • author: カノック
  • 2011/05/15 21:25

G Data、偽セキュリティソフトの検出ツールを無償配布
 G Data Softwareは2011年5月13日、偽セキュリティソフト型不正プログラム「FAKEAV」を検知・削除する無償ツール「G Data 偽セキュリティソフトクリーナー」の配布を開始した。
(ITpro より引用)


 G Data Softwareが、偽セキュリティソフト型不正プログラム「FAKEAV」の検知・削除用のツールの無償配布を始めました。

 この偽セキュリティソフト型不正プログラムというのは、セキュリティソフトのフリをして、嘘の警告を画面に表示します。その後、びっくりしているユーザーの動揺につけ込んで、本当は買う必要のない除去ツールを買わせたり、ネットバンキングのIDやパスワード等を盗み取ったりするというものです。

 まさに手を変え、品を変え、という感じで、これからは警告メッセージが出ても、鵜呑みにせず、落ち着いて確認しなければいけませんね。