« アプリの無断情報送信に要注意!? | main | カードや銀行の取引履歴を管理できる『OCN家計簿』とは? »

フィッシング自体が処罰の対象に―不正アクセス禁止法改正案―

  • author: カノック
  • 2012/01/25 05:14

2011年のフィッシング詐欺件数は過去最悪――EMCが月次レポート
(@IT)


 インターネットバンキングも標的となっているフィッシング詐欺ですが、2011年のフィッシング件数は過去最悪だったことが、EMCの月次レポートで分かりました。
 国別の(フィッシングサイトの)ホスト数でも、日本がワーストの第5位にランクインしたとか。


「フィッシング」を処罰対象に 他人のID不正取得も処罰 不正アクセス禁止法改正案
(MSN産経ニュース)


 このような現状を踏まえて、警察庁は不正アクセス禁止法の改正案をまとめ、通常国会に提出、2月中の閣議決定を目指すとのことです。

 現行法ではフィッシング行為自体は処罰の対象とされていないため、警察が早期にフィッシングサイトを発見しても、具体的な被害との因果関係がハッキリするまで手を打てないという現状がありました。
 今回の改正案は、フィッシング行為自体を処罰の対象とすることで、フィッシング詐欺の規制強化につなげようというものです。

 もちろん、これで全てが解決するわけではないですが、打てる手は早期にきっちりと打っておくのが基本です。
 国会での政争とは別の話として、早期の実現を期待したいものです。