お得さを徹底解説!
有力銀行を網羅!ネットバンク一覧
出遅れ気味のネット銀行一覧
ネットバンクをよりお得に・有効に使うコツ
技あり!ネットバンク活用テクニック
知って得する! ネットバンク基礎知識
運営者・サイト情報

株やFXをするなら
ネットバンクは必須!

執筆者:takapon
最終編集者:hiro1日前に編集(編集履歴
株やFXの天敵はタイムラグ

投資の選択肢として非常によく知られている株式投資やFX。
「要は自分の腕次第なんだから、どこでやったって、同じだろ?」
そう思われている方もいらっしゃるかと思います。
でもそれは、大きな間違いなのです。

株式投資でもFXでも、勝敗を分けるのは、いかに相場の流れを読み、そして実際に相場が動いた時に、的確に応対できるかです。

このうち、相場の流れを読むのは、個人の才能や経験が物を言います(もちろん、データ分析は欠かせませんし、そのためのツールの使い勝手というものも重要ではあるのですが、やはりなんといっても、個人の才覚が物を言います)。

しかし、もう一方、的確に応対できるかどうかは、必ずしも個人の才覚だけに左右されません。

なぜならば、相場の動きに応じて対処しようとする際に、対処しようと思ってから、実際にそれが実行に移されるまでに、タイムラグ(時間差)が生じるからです。

読みも判断も正しいのに、実行までに時間がかかったために、せっかくの儲けがふいになるケースは、決して少ないものではありません。

そのタイムラグを最小限に抑え、判断を迅速に実行に移すためにオススメなのが、ネットバンクなのです。

ネットバンクがオススメな理由

では、なぜネットバンクだと、タイムラグを最小限に抑えることができるのでしょうか。

理由はズバリ、クイック入金サービスにあります。

クイック入金サービスとは、ネットバンクの自分の口座からFXの口座に入金する場合、入金が即座に反映される仕組みのことです(実際の操作法はFX業者等によっていろいろですから、公式ホームページで確認されることをおすすめします)。

入金が即座に反映されるのですから、タイムラグによる出遅れがほとんどありません。

しかも入金は24時間いつでも可能、さらに振込手数料は無料とくれば、利用しない方がおかしい、とでもいうべきものでしょう。

また、モバイル(携帯電話)からの操作も可能ですから、出先でちょちょっとチェックして、チャンスと見るやケータイですぐ入金、なんてこともできるのです。迅速性に関しては、素晴らしいものがあります。

たとえば、株式投資について、新生銀行の場合を見てみましょう(ちなみに新生銀行は、FXは取り扱っておりません)。

新生銀行の新生総合口座パワーフレックス円普通預金にあらかじめ資金を入金しておけば、証券口座への資金振替は24時間いつでもOK、しかも振替手数料も無料です。

また、FXですと、たとえば楽天銀行の場合、楽天銀行の普通預金口座からFX口座に無料で入金することができます(ちなみに、楽天銀行のハッピープログラムに登録すると、FX取引(約定)一枚ごとに楽天スーパーポイントがもらえます。この楽天スーパーポイントは、楽天グループ利用時にいろいろ便利に使えますので、そういう面でもお得だったりします)。

FXの場合、使用するシステムも重要になってきます。たとえば、[JNB−FX PLUS]で2010年8月からのレバレッジ規制にいち早く対応したジャパンネット銀行などは注目です。

もちろん、FXにはほかにもいろいろと気にかけねばならない要素はありますが、どちらにしろ、ネットバンクのスピーディーさが、FXをやる際の有力な武器になることは確かです。

Copyright (c) ネット銀行比較早見表 All rights reserved